チャイナヘルシーネットワーク☆ティーカッププードル特集☆

☆ティーカッププードル特集☆

ティーカッププードルの健康を考える。


愛犬のティーカッププードルの健康を考える上で、
規則正しい生活習慣は病気の予防に繋がります。
生活習慣における注意点を項目別にしてみます。


1 ティーカッププードルの運動 昨今、飽食の時代において、ティーカッププードルなどのペット達も過食気味にあり、肥満犬が観られます。
肥満は万病の元となる脂肪類が体内に蓄積する現象ですが、放っておくとティーカッププードルにおいても病の発症に繋がります。
対策としては散歩を日課にする事です。
散歩の持続した歩行は有酸素運動となり体内循環が刺激され身体が活性します。
同時に筋肉を使いますのでブドウ糖がエネルギーとして消耗され蓄えられた脂肪も順を追って消耗していきます。
2 ティーカッププードルの食生活 ティーカッププードルなどの犬が食べる物は市販されているドッグフードが適正な食事となります。
それぞれのティーカッププードルの個体に合わせて与える様にします。
ドッグフードには、子犬用、成犬用、老犬用、などの年齢に合わせた品目が各社のメーカーさんから発売されていますので栄養成分などを鑑みながら決めて下さい。
ティーカッププードルに与えるドッグフードは基本的に定量を守りますが、体長や体高による個体差、運動量に合わせたカロリー摂取、季節変化によるエネルギーの代謝率、などを考慮して栄養配分をして下さい。
また、飼い主さんが美味しそうに食べている物にティーカッププードルは興味が沸いて欲しがる事があると思います。
人間とティーカッププードルの犬とでは必要栄養素が異なり、人間が食べる物で美味しいと感じても犬においては栄養素の過剰摂取や有毒になるケースもありますので避ける様にして下さい。
3 ティーカッププードルとのスキンシップ 愛犬のティーカッププードルにスキンシップを毎日行なう事は、ティーカッププードルの美容面と健康面をフォローする事になります。
美容面でのスキンシップにブラッシングケアがあり、ティーカッププードルの被毛にブラシを通して身だしなみを整えますが、同時に皮膚への刺激が伝わりますので、身体の新陳代謝が活発になり免疫機能の向上へと繋がる秘訣となります。
健康面でのスキンシップでは、撫でたり遊んだりを通してティーカッププードルの体を触り、各部位に疾患が無いかを確認をする事で、病巣の早期発見へと繋がります。
4 ティーカッププードルの歯磨き 愛犬のティーカッププードルも歯の病気は人間同様に万病の元になります。
ティーカッププードルへの食後の歯磨きを行なう事で、歯垢を落とし歯石の定着や色素の沈着を防ぎます。
歯垢を放っておくと歯と歯茎は細菌の温床となり歯石化していきます。
歯石が出来ると、歯肉が炎症を起こし口臭の原因となる歯槽膿漏の発症や、歯肉が下がりだし歯のぐらつきが起こり終いには歯が抜けてしまいます。
歯が抜けるとティーカッププードルは物が噛めなくなりますので消化器官に負担をかけたり、踏ん張る力が低下するため体全体に影響を及ぼします。
結果的にティーカッププードルは様々な病気を引き起こす可能性が高くなり疾患が慢性化していきます。
容姿の可愛さと美しさが引き立つティーカッププードルですので、いつまでも白い歯を大切にしたいものです。
5 ティーカッププードルのストレス ティーカッププードルのストレスが表面化すると自分の毛をむしる行動が観られます。
この行動は物理面と精神面での要素が考えられます。
物理面ではノミやダニなどの影響で痒がったり、アレルギー症状を引き起こして皮膚病となっているケースがありますので、動物病院さんで診察と処方薬によって解決してください。
精神面では飼い主さんや兄弟犬との意思疎通が上手くいかない時に観られますが、ティーカッププードルとの付き合い方を正したり、他の犬とのおかれた状況の改善をしたりと、対策する時期に来ているのかもしれません。
他にも、ちょっとした物音で吠えるティーカッププードルがいますが臆病になっているケースが窺えます。
これはティーカッププードルの日常の癖によるものが強く、吠える毎にあやす事を積み重ねていく事で、穏やかな性格のティーカッププードルになっていくと考えられます。
6 ティーカッププードルの睡眠 人間の睡眠に関しての体内時計は、夜から朝にかけて24時間中三分の一の8時間ですが、ティーカッププードルなどの犬は、24時間中半分の12時間が睡眠時間と考えられています。
基本的に犬は飼い主さんのペースに合わせるため飼い主さんの生活習慣に従います。
残りの4時間分は日中小刻みに仮眠してバランスを保っています。
飼い主さんの規則正しい就寝時間こそが、愛犬の生活習慣に組み込まれ健全さに繋がります。
7 ティーカッププードルの定期検査 愛犬のティーカッププードルを病から守るために、飼い主さんが話す事の出来ないティーカッププードルに変わって、体調の変化などに気づいてあげる必要があります。
それでも一般に判りづらく表面化しない病気もありますので、早期発見の観点からも、獣医師さんに定期的な検診をしてもらいましょう。
8 ティーカッププードルとのコミュニケーション すべての生命体は愛情なくして成長する事はありません。
ティーカッププードルも飼い主さんの愛情が有って始めてペットとしての存在価値を見いだしています。
動物達をお世話する事で彼らは癒しや喜びといった感動を運んでくれます。
そして無意識のうちに私達は魂の充足をはかっています。
何かの縁で出逢ったティーカッププードルですので毎日のコミュニケーションを積極的に行ないたいものです。

健康なティーカッププードルは視覚で判る。


ティーカッププードルの健康状態は外見と動きからも想像できます。
目の輝き、丈夫な足腰、毛艶、鼻先のしっとり感、動態反応を観察。
これらの指標でティーカッププードルの愛犬健康管理をしましょう。


健康なティーカッププードルの子犬を手に入れたい方へ。


上記でお伝えした様に外見を見て健康状態を確認しましょう。
できれば子犬を現地で生で見て判断する事をおすすめします。
健康面を注視しながらベストな子犬選びを実現してください。


ティーカッププードルに詳しいプロの方をご紹介。


チャイナヘルシーネットワークが太鼓判を押すサイトさんです。
ティーカッププードルの出生率や子犬の特徴を捉え、
本物ティーカッププードルの見極め方を熟知しています。
外部サイトへ